台本利用について

利用無料、報告不要(任意)
クレジット必須、以下4つ記載のこと
①台本名②作者名③サイト名(筆先の世界)
④サイトURL  https://hudesaki.com/  

本文転載は台本流出の観点から基本NG。
動画内字幕入れなどについては、利用規約よくある質問をご確認ください。

多人数用声劇台本

【声劇台本2人】夢か現か幻か【1:1・30分】

春の鎌倉が繋いだ彼女との時間は、夢か現か幻か。
雲一つない真っ青な空に、桜が舞った。

〇文字数:約5500文字

〇推定時間:20~30分

〇登場人物:1:1

鈴木颯太(そうた):35歳。売れない脚本家。言葉遣いが少々粗い。

鈴木朝美(あさみ):33歳。家事全般嫌い。合理主義。病気を患っている。

〇その他 0⇒ト書き

十月の朝顔のシリーズシナリオです。

作者解釈など以下にまとめました。興味があれば。

『十月の朝顔』と『夢か現か幻か』についてあとがきさて、ついこの間ですね、十月の朝顔のシリーズ『夢か現か幻か』放出しおわったのでつらつらnote第3弾書いていこうかな~と。 もともと春...

シリーズ1作目

【声劇台本2人】十月の朝顔【1:1・30分】残される方が辛いから、だから前を向くために、 僕は君を忘れて生きていく 〇文字数:約9000文字 〇推定時間:30~40分 ...

夢か現か幻か/筆先ちひろ

0:   季節・春。
0:   颯太、朝美。自宅。

朝美:颯太~、おーはーよ。

颯太:……。

朝美:ね~起きて。

颯太M:随分と懐かしい声を聞いた気がした。

0:   間。

朝美:んもー何時だと思ってるのー! 起きて。

颯太:んー……。

朝美:起きてってば!

颯太:んーもう少し……。

朝美:何言ってんの、もう8時だってば!

颯太:え⁈

朝美:「え⁈」じゃなくて!

颯太:レンタカー何時だっけ?

朝美:9時!

颯太:ああああ……。

朝美:「ああああ……」じゃなくて!
朝美:もー、早くシャワー浴びてきて! 早く、ほら。

颯太:あぁぁぁぁ……。

颯太M:そうだ。あの日、確か俺は寝坊をして。

0:   間。
0:   朝美、颯太、車内。

朝美:んもー、行きたいところいーっぱいあるって言ったのに~。

颯太:ごめんって。

朝美:しらすの釜めし……。

颯太:……。

朝美:小町通りのお団子。
朝美:クレープに、厚揚げに。鎌倉野菜のカレー。

颯太:全部食い物じゃん。

朝美:悪い?

颯太:いや、悪くねーです。はい。

颯太M:朝美に小言を言われながら、春の東名高速を走った。
颯太M:レンタカー独特の、キツイ芳香剤の香りを今でも覚えている。

朝美:(鼻歌)。

颯太:なに? ご機嫌?

朝美:颯太が寝坊したから不機嫌~。

颯太:えー。

朝美:うそ。遠出久しぶりだから、楽しい。

颯太M:楽しそうに景色を追う、彼女の横顔も、まだ、覚えている。

0:   間。
0:   朝美、颯太鎌倉にて。

颯太:大丈夫? 疲れてない?

朝美:平気~。

颯太:そっか。

朝美:うん。颯太こそ、運転で疲れたんじゃない?

颯太:まぁほどほどに。

朝美:えー、大丈夫?

颯太:どっかの誰かさんが車で連れてけーって言うから。

朝美:えー、どっかの誰かさんって誰だろ。

颯太:朝っぱらから起きろ起きろってうるさい誰かさん。

朝美:それは颯太が寝坊するからでしょ~。

颯太:あはは、ごめん。

朝美:(笑う)。

颯太:行きたいな~鎌倉。行きたいな~。車で行きたいな~。

朝美:えー何それ、私のマネ?

颯太:そう。似てた?

朝美:似てないよー。

颯太:あれー、おかしいな。
颯太:(咳払い)、行きたいなー鎌倉、行きたいなぁー。

朝美:もー違うって。行きたいな~鎌倉。行きたいなぁー。

颯太:行きたいなぁ~。鎌倉、行きたいなぁー。(弄るように)

朝美:バカにしてるでしょ?

颯太:(笑う)。天気よくてよかったなー。

朝美:あーもー話逸らすー。

颯太:(笑う)。

颯太M:人というのは声から忘れていくらしい。
颯太M:いずれ忘れてしまうのだろうか。この声も。

朝美:ほんとに天気よくてよかった。やっぱ日ごろの行いかな~。

颯太:俺頑張ってるもんなー。

朝美:えー私の行いがいいからでしょ~?

颯太:はぁ?

朝美:「はぁ?」って……。
朝美:今朝だって私早起きしたし、ご飯も作ったし。

颯太:あー……。

朝美:寝坊してレンタカーの時間ギリギリだったの誰のせいだろ~。

颯太:ごめんって。

朝美:まぁでも、颯太が寝坊するのも予想してたけどね。

颯太:まじで?

朝美:まじで。

朝美:あらゆる事態を想定して予定を組みました。

颯太:おぉ、デキる女っぽい。

朝美:ふふん。

颯太:さすが! 合理主義の鏡。

朝美:……それ合理主義関係なくない?

颯太:そう?

朝美:そうでしょ。

颯太:そっか。

朝美:んもー、しっかりしてよー。仮にも脚本家なんだから。

颯太:仮にもって……。

朝美:あ、間違えた。売れない脚本家だった。

颯太:うるせー(笑う)。

朝美:(笑う)
朝美:あ、ねぇねぇ、鎌倉舞台に1本書いたら?

颯太:えー。

朝美:季節は春で~……どんなのがいいかなぁ~。

颯太:いや、鎌倉つったら梅雨だろ。

朝美:えー、いいじゃん春。桜舞う鎌倉。

颯太:えー。

朝美:だってさー、こんなに綺麗だよ。
朝美:それに、売れるには人と違うことしないと。

颯太:知った風によく言う。

朝美:(笑う)。あーでも、それで売れたら、
朝美:春の鎌倉・親善大使とか、オファーきちゃうかもよ?

颯太:なんだよそれ。

朝美:一躍有名作家!

颯太:(笑う)。タイトルは?

朝美:えータイトル?

颯太:うん。

朝美:んー『四月の桜』!

颯太:ぶっ(吹き出す)。ダサ。

朝美:えー。

颯太:それ『十月の朝顔』のパクリじゃん。

朝美:自作だしパクリじゃないでしょ?
朝美:シリーズものみたいにしなよ。

颯太:やーだよ。

朝美:えー。

颯太:前言っただろ。タイトルださいって叩かれたって。

朝美:そうだっけ?

颯太:そうだよ。
颯太:しかも『四月の桜』なんて、『十月の朝顔』よりダサい。

朝美:そんなことないでしょ~?

颯太:そんなことありますー。大ありです~。

朝美:……ぷっ、変な顔。

颯太:はぁ?

朝美:……(笑う)。

颯太:(笑う)。

朝美:うわぁ、すごい。ねー、桜のアーチ!
朝美:突発できたけど、すごい良いタイミングだったね~。
朝美:平日で人も少ないし。よかったー。

颯太M:雲一つない真っ青な空に、桜が舞った。
颯太M:ツンと鼻の奥が痛むのは、来年の春、
颯太M:彼女が隣にいないことを、分かっているからだろうか。

0:   間。

朝美:うわぁ、すご……。
朝美:なんかねー、ネットで見たんだけど、
朝美:この桜のアーチ、天国みたいって書いてる人いた。

颯太:へー。

朝美:天国ってこんななのかな?

颯太:さぁ。

朝美:さぁって……。

颯太:見たことねーし。

朝美:……脚本家なんだからもっと夢膨らませてよ。

颯太:残念ながら売れない脚本家なんで。

朝美:んーもう。

颯太:……。

朝美:あ、そいえばさ、編集の早紀ちゃん。

颯太:紺野さん?

朝美:うんうん。

颯太:何、仲良くなったの?

朝美:うん。颯太最近コラム書いてるじゃん?

颯太:あぁうん。

朝美:それでちょくちょく家来るじゃない? お茶出してるうちに仲良くなった。

颯太:無理に話合わせてもらってんじゃなくて?

朝美:もーなんでそういう言い方するかなぁ~。

颯太:(笑う)。ごめん。

朝美:ってか私に気使って家来てもらってるでしょ?

颯太:病気の嫁放り出してどっか行くほど薄情じゃないんで。

朝美:んもー何その言い方。

颯太:……。

朝美:平気だよ。ずっと家いなくても。
朝美:お義母さんも気にかけてくれてるし、まだちゃんと身体動くし、物忘れも、たまにだし。

颯太:練馬の駅で泣きそうになりながら、帰り道わかんない~って電話かけてきたの誰ですか。

朝美:あ……はは。……忘れた。

颯太:都合よく忘れんなバカ。覚えてんだろーが。

朝美:(小さく笑う)。

颯太M:朝美の病気は、徐々に記憶を失っていくものだった。
颯太M:手足の自由が利かなくなり、そして、すべてを忘れてしまう。

颯太:……んで、紺野さんがどうしたの?

朝美:あ、早紀ちゃんの彼氏がね~、写真やってるんだってー。

颯太:へー。

朝美:岩倉祐樹(いわくらゆうき)。知ってる?

颯太:いや、知らない。

朝美:だよねー。私も知らなかった。あ、でもね一部では有名みたい。

颯太:ふーん。

朝美:ほら、見て。SNSも結構フォロワーいる。

颯太:え、俺よりいるじゃん。

朝美:ふふ。颯太はもっと外に向けて活動しないとねー。

颯太:はいはい、アドバイスどーも。

朝美:んもう! いつも私の話適当に聞いてるでしょ?

颯太:はぁ? 1番真面目に聞いてますけど。

朝美:ぶー。

颯太:……変な顔。(笑う)

朝美:(笑う)。

颯太:んで? その人がどうしたの。

朝美:あ、んでね、その人目白で個展してて、
朝美:早紀ちゃん友達の付き添いで行く予定だったらしいんだけど、友達ドタキャンで。

颯太:うん。

朝美:渋々一人で行ったら、そこで出会って意気投合だって。

颯太:へー安いドラマ1本書けそう。

朝美:でしょ? すごいよね~。

颯太:せんべろで口説いた俺と大違い。

朝美:自分で言わないで。

颯太:(笑う)。

朝美:あ、それでね、写真撮って~ってお願いしたら、いいよーって言われた!

颯太:何? 朝美の写真?

朝美:一人で撮るわけないじゃん。遺影じゃあるまいし。

颯太:笑えねーんですけど。

朝美:笑うとこそこは。

颯太:あははははは(棒読み)。

朝美:なにその乾いた笑い。

颯太:笑うとこって言われたから。

朝美:もう。……ってかそうじゃなくて!
朝美:早紀ちゃんの彼氏がね、私たち二人の写真撮ってくれるって。

颯太:へー。

朝美:えーなんでそんな反応薄いの?

颯太:あんま写真得意じゃないの知ってるだろ。

朝美:あぁ……。まぁ。
朝美:でもほら折角プロが撮ってくれるって言ってるし、撮ってもらおうよ~。ね?

颯太:……撮りたいな~、写真。撮りたいな~。

朝美:もーすぐバカにする!

颯太:あはは、まぁ写真くらいいいけど。

朝美:ほんと?

颯太:うん。

朝美:ありがとー。ふふ。まずはそのぼさぼさの髪切らないとだね。

颯太:はぁ? これはぼさぼさじゃなくて、この長さにしてパーマかけてるの。

朝美:えー。そうなの?

颯太:「そうなの?」って今までぼさぼさだと思ってたの?

朝美:うん。

颯太:うんって……。

朝美:うーそー。パーマかけてるの知らないわけないじゃん。

颯太:はぁ?

朝美:(笑う)。

颯太:ったく……。

朝美:あ、そーだ。お義母さんたちにもお土産買って帰ろ。何がいいかなぁ~。

颯太:てきとーにその辺の饅頭で良いんじゃん?

朝美:(笑う)、温泉じゃないんだから……。

颯太M:彼女は、私のことなんて忘れて生きろと言うくせに、写真を撮ろうと言った。
颯太M:その残酷さに、気付いているのだろうか。

朝美:颯太、ねぇ……。

颯太:……。

朝美:颯太ってば。

颯太:あ、ごめん。ぼーっとしてた。

朝美:大丈夫?

颯太:うん。

朝美:やっぱり運転疲れた?

颯太:大丈夫だよ。

朝美:そっか。……ねぇ、颯太。

颯太:んー?

朝美:すごいね、桜。天国みたい。

颯太:……あぁ。

朝美:ねぇ颯太……。

颯太:んー?

朝美:最近ちゃんとご飯食べてる?

颯太:食べてるよ。

朝美:昨日は?

颯太:え?

朝美:昨日は、何食べたの?

颯太:……。

颯太M:これは、夢だ。

朝美:ねー、ちょっと痩せたんじゃない?

颯太:……。

颯太M:春の鎌倉でこんな会話はしていない。
颯太M:これは、俺が見ている、都合の良い夢だ。

朝美:元々ひょろひょろなんだから。ちゃーんと食べないとだめだよ。

颯太:……。

颯太M:俺の妻は、酷く薄情な女だった。
颯太M:自分だけ都合よく何もかも忘れて、俺に忘れろと言い残し、去年の暮れに死んだ。

朝美:颯太~、聞いてる?

颯太:……。

颯太M:朝美は、死んだ……。(徐々に泣く)
颯太M:俺を忘れた彼女に、何度も、何度も、何度も何度も自己紹介をした。

朝美:んも~颯太?

颯太:死んだんだ。

朝美:え?

颯太:朝美は、死んだんだよ。

朝美:……。

颯太:……なぁ、朝美。

朝美:なぁに?

颯太:……朝美。

朝美:なぁに、何回も呼ばなくても聞こえてるよ。

颯太:朝美……。

朝美:……なぁに。

颯太:味がしないんだ。

朝美:えー。どうしたの風邪ひいた?
朝美:また酔っぱらってパンツで寝てたらだめだよ~?

颯太:うん。
颯太:……朝美。

朝美:なぁに?

颯太:書けないんだ。何も……。

朝美:春の鎌倉は?

颯太:書けない。

朝美:どうして? こんなに綺麗なのに。

颯太:書けないんだ。

朝美:食い倒れツアーとかでもいいんじゃん?
朝美:しらすの釜めしに、小町通りのお団子、あと、クレープに……他に何食べたっけ?
朝美:あー、それから寝坊した話も書けば?

颯太:……書けない。

朝美:書いたら後悔とか色々忘れる~って言ってたじゃん。

颯太:書けないんだよ!

朝美:……。

颯太:……書けないんだ。

朝美:じゃあ新しい仕事探さなきゃねー。

颯太:……もういいんだ。

朝美:えー。

颯太:……もう、いいんだ。

朝美:……。
朝美:ねぇ。颯太。だめだよ。死んだらだめ。
朝美:だって私今こっちでいい男探してるんだから。勝手に来ないで。

颯太:……薄情だな。

朝美:でしょ。だから……だからさ、(颯太食い気味に次のセリフ)

颯太:また忘れろって言うのか? 無理なんだよ!

朝美:……。

颯太:忘れたくてもさ、忘れようとしたってさ。無理なんだよ……。
颯太:朝起きたら、また下手くそな料理してんじゃねーかなって。

朝美:うん。

颯太:文字書いてても、売れない脚本家って言って、お前が笑うんだよ。

朝美:……。

颯太:都合よく自分だけ全部忘れて、それで、忘れろってさ、俺の気持ちはどうすんだよ。

朝美:ごめん。

颯太:……。

朝美:ごめんね。

颯太:ほんと、勝手なんだよ。

朝美:……ねぇ、颯太。私酷いこと言ったね。忘れろ~って。

颯太:うん。

朝美:ごめんね。

颯太:うん。

朝美:思い出にしてね~って言えばよかった。

颯太:……。

朝美:忘れようとしたって、忘れられないもんね。

朝美:でもさ、きっとそのうち、思い出になるから。
朝美:だってさ、生きるってそういうことだもん。
朝美:色んなこと手放していくの。楽しいことも、辛いことも……。ちょっとずつ、ちょっとずつ。
朝美:だから、大丈夫。

颯太:うん。

朝美:ねぇ、颯太。
朝美:私覚えてるよ。何回も、何回も言ってくれたこと。

朝美:君は……。

颯太:君は鈴木朝美。俺の奥さん。

朝美:うん。

颯太:合理主義で、要領がいい、稼ぎも文句なしの、元キャリアウーマン。

颯太:好きなものは、俺の作った甘い出し巻き卵。

朝美:うん……。

颯太:それから薄情で、ひどい女。

朝美:……(笑う)でしょ? だから、思い出にして。
朝美:大丈夫。ちゃんと、思い出になるから。大丈夫。

颯太:……。

朝美:忘れろ~なんて言って、ごめんね。

颯太:うん。

朝美:勝手に忘れてごめんね。

颯太:……うん。

朝美:颯太、ありがとうって、ちゃんと伝えなくてごめんね。

颯太:……うん。
颯太:朝美……。

朝美:ん?

颯太:天国ってこんな感じだった?

朝美:うーん。どうだろ、まだ内緒かなぁ。
朝美:お爺ちゃんになった時のお楽しみ。

颯太:そっか。

朝美:うん。
朝美:あーそう言えば、朝顔やっぱだめだね。

颯太:……?

朝美:だって、忘れられないもん。思い出にはできるけど。
朝美:やっぱり颯太は売れない脚本家だ~。

颯太:ばーか、元々思い出にするって意味で書いてんだよ。

朝美:……そっか。じゃあ天才だ。

颯太:……ごめんな、朝美。
颯太:忘れろって言ったのも、優しさだって分かってたんだ。

朝美:うん。

颯太:分かってたんだ、ほんとは……。

朝美:うん。

颯太:……。

朝美:残される方が辛いから、だから前を向くために、僕は君を忘れて生きていく。
朝美:『十月の朝顔』、鈴木颯太。ね? (背を押すように)

颯太:……よくまんま覚えてんな。

朝美:だって、ファンだもん。

朝美:君は、鈴木颯太。私の大好きだった人。
朝美:職業は、天才脚本家。

颯太:……うん。

朝美:もう、大丈夫?

颯太:うん。

朝美:そっか。それじゃぁ、そろそろ行くね?

颯太:……うん。

朝美:ばいばい。颯太、ありがとう。

0:   間。

颯太M:春の鎌倉が繋いだ彼女との時間は、夢か現(うつつ)か幻か。
颯太M:雲一つない真っ青な空に、桜が舞った。
颯太M:
颯太M:人は、大切なものほど、忘れることなど出来はしないのだ。
颯太M:楽しいことも、辛いことも、ひとつひとつ、手放して、思い出にして。そうやって生きていく。
颯太M:
颯太M:写真の中の彼女は、今日も楽しそうに笑っていた。いつかこれも思い出になるだろう。

0:   颯太、写真を見ながら。

颯太:なぁ、朝美……。
颯太:今年ももうすぐ、春がくるよ。

/:   『夢か現か幻か』 完

ジャンルで台本検索

  • カテゴリー

  • タグ

RELATED POST