台本利用について

利用無料、報告不要(任意)
クレジット必須、以下4つ記載のこと
①台本名②作者名③サイト名(筆先の世界)
④サイトURL  https://hudesaki.com/  

本文転載は台本流出の観点から基本NG。
動画内字幕入れなどについては、利用規約よくある質問をご確認ください。

朗読台本

【朗読台本】おひめさまとゆきあひる(お姫さまと雪あひる)【5分】

作者:或 頁生(ある ぺじお)

作者ブログ:http://blog.livedoor.jp/gakko_chan/

或 頁生先生へのご連絡は以下URLコメント欄から可能です。

http://blog.livedoor.jp/gakko_chan/archives/1078468585.html

※こちらは寄稿作品です。台本作者は或 頁生(ある ぺじお)先生です。

おひめさまとゆきあひる(お姫さまと雪あひる)/或 頁生

我が家の小さなお姫さまが、生まれて初めておねだりしたのが、ほかならぬこのボク。

彼女が生後半年を数えたその日は、雨上がりの陽射しに照らされた、近所の紫陽花が綺麗だったそうだよ。

 

おっと…自己紹介を忘れていました。

ボクの名前は「があきち」。

パパがそう呼び始めたことで、なし崩し的にそう決まったみたい。

昭和チックで雪だるまみたいな、薄茶色のあひるのぬいぐるみさ。

 

やがてクリスマスからお正月を迎える頃には、お姫さまから片時も解放されることのない…いえいえ、遊んでいただく、大忙しの毎日に。

「があちき」

パパもママも「娘がしゃべった」と大喜びだったけど、このままコンビニの鶏肉みたいな名前に変えられちゃうのかと、内心気が気じゃなかったな。

 

ある寒い日曜の朝、ベランダ越しに眺めた、白一色の景色と思わぬお客さまに、お姫さまとボクはそろって大興奮。

ボクにそっくりな体型の、全身真っ白な雪あひるさんが、ちょこんとベランダの手摺りの上に舞い降りていたんだ。

おそらく作者のパパが、そっと室内に招き入れてくれたところで、まずは家族そろって記念撮影。

お姫さまは不思議そうにのぞき込んでみたり、小さな指でそっと触れてみたかと思えば、冷たさに驚いて、あわてて引っ込めてみたり。

 

雪あひるさんは相当な汗っかきらしく、その後はベランダで過ごしてもらったんだけど、昼前には柔らかな冬の陽射しが届き始めてしまってね。

身軽な方が好都合なのか、ずいぶんスリムになった姿を目にしたママが、「帰り支度を始めているわね」って。

ボクは少しでも長く一緒にいたかったんだけど、お姫さまの小さな手に掴まれて身動きが取れず、じたばたするばかり。

 

その後ようやく解放されて、ママがベランダの扉を開けてくれた時には、雪あひるさんの姿は見当たらず、足下には水溜まりが残っていたんだ。

「また会えるよね」

この家にやってきて初めて、プラスティック製のボクの目から雨粒が溢れ出したかと思ったら、それが『涙』ってヤツだったんだ。

 

ベランダとの境目の床の上から動けなくて、雪あひるさんを思い出していた次の瞬間、突然身体が浮き上がったんだ。

ママが持ち上げてくれたにしては、床から50センチくらいと、随分低い位置なのが不思議で、身体をひねって振り返ってビックリ!

目の前のお姫さまの笑顔はおなじみだけど…え?う、うそっ!?

「ママ!ママっ!あ、あ、歩いてるよ!目を離しちゃダメだよ!」

ジャンルで台本検索

  • カテゴリー

  • タグ

RELATED POST