台本利用について

利用無料、報告不要(任意)
クレジット必須、以下4つ記載のこと
①台本名②作者名③サイト名(筆先の世界)
④サイトURL  https://hudesaki.com/  

本文転載は台本流出の観点から基本NG。
動画内字幕入れなどについては、利用規約よくある質問をご確認ください。

朗読台本

【朗読台本】真夏の雪女【不問・90秒】

僕はまだ知らない。彼女が本当の雪女だという事を。

人称変更、アドリブご自由に。

BGM:魔王魂 より
挿入歌:魔王魂より where you are
効果音:効果音ラボ より


真夏の雪女/筆先ちひろ

空の端に、真っ白な入道雲。
五月蠅いほどに蝉が鳴き、
熱で焼けたアスファルトからは陽炎が立ち上る。
そんな真夏に、僕は雪女と出会った。

「そこ、教員用の下駄箱なんだけど……」

彼女は答える。ごめんなさいと。
やけに大人びた抑揚のない声。
けれどそれは透き通っていた。

纏っているのはこの暑さに逆らうような長袖の制服。
露出の少ない大人しい着こなしとは反対に、
ポニーテールから覗く白いうなじが、
私を見てと主張していた。

「転校生?」

ふるふると首を振った彼女の周りだけ、
空気が澄んで冷たい。

(もしかして君ってさ、雪女?)

なーんて。
そう聞いてしまったら、
正体がバレたと僕を取り殺すだろうか。

いかんいかん、暑さで頭がイカれてしまったらしい。
女子生徒相手に何を考えているのか……。

1:05 BGM変化

僕はまだ知らない。
彼女が本当の雪女だという事を。

観測史上、最高気温を記録するこの夏。
僕と彼女の物語が

1:21 BGM変化(風の音)

終わりに向かって、動き出す。


 

 

ジャンルで台本検索

  • カテゴリー

  • タグ

RELATED POST