台本利用について

利用無料、報告不要(任意)
クレジット必須、以下4つ記載のこと
①台本名②作者名③サイト名(筆先の世界)
④サイトURL  https://hudesaki.com/  

本文転載は台本流出の観点から基本NG。
動画内字幕入れなどについては、利用規約よくある質問をご確認ください。

一人用声劇台本

【声劇台本】嘘のようなホントの話【0:1・10分】

昨日の自分も、今日の自分も、明日の自分も嫌い
でも明後日の自分を好きになるように

金なし未婚三十路女の酔いどれ哀愁話
人生うまくいかないなっていうそんな一人語り。

〇文字数:約1500字

〇推定時間:10分(ただ読むと5分くらい)

〇登場人物: 0:1 「私」

〇その他

一人称変更自由。男性で読みたい方いましたらセリフ改変OKです。

BGMオルゴールかピアノか、後半安アパートの鉄階段降りるシーンあるので足音足したり、泣き声足したりするのも楽しそう。

私:金なし未婚三十路女 煙草吸うし酒も飲む

嘘のようなホントの話/筆先ちひろ

【語り】ーー

小さな小さな六畳半、唸る換気扇、安い発泡酒
じっとりと続く梅雨の合間、からりと晴れた夜
飾りっ気を忘れた二人の三十路女
その一人がもう一人へ向かってぽつりぽつりと話す
これからあなたが聞くのは、嘘のようなホントの話

【私】ーー

子供の頃はさー
お婆ちゃん達と、
伸び伸びのラーメン食べに行ったり
兄弟巻き込んで、変な歌歌いながら靴下探したり
膝から血を出して帰ったり
割と普通の子供だったと思うんだよね

それで、大人になったら 普通に働いて
普通に結婚して、普通に子供作って
普通に普通に そう思ってた

なーんか昔っから夢のない子でね
お金に苦労しないから、
公務員はいいぞーとか言われて
ふーん、なんて思って

ふとさー、音楽したいって言ったら
朝ごはんのフライパンに
お母さんがマヨネーズ落としちゃって

笑えるでしょ?

ショックで油と間違えたって言ってた
嘘みたいって思うかもしれないけど、
ホントの話なんだよねー

お母さんがさ、
冗談で言ったのか、本気で言ったのか
もう覚えてないけど
なんか、
こーゆうこと言うと悲しむんだって思った

別に、誰のせいでもない

鏡の法則っていうのがあってね
自分に起こる全ての原因は、
全て自分の中にあるっていう
私、それが好きで……

そうなんだよね
全部全部自分が決めて、自分がそうして
今ここにいる

昨日の自分も嫌いだし
今日の自分も嫌いだし
なんなら明日の自分も嫌いだと思う

三兄弟で一番頭がいいって言われてたのに
気がついたら一番出来の悪い子になってて
うち米農家だから米送ってもらうんだけど
その連絡入れるのもなんか
怖くなっちゃって

変にプライドだけ高いから
正月も帰れなくて、盆も帰れなくて
友達にも終いには会えなくなってさ
こんな私見られたくねーって

親の顔あと何回見るんだろうなって
いつか死んじゃうのにさ
出来が悪くて嫌になっちゃうね

勝手に産んでなんて思ったけど
向こうからすれば
なんでこんなふうに育ったなわけで

例えばこれが少年漫画だったらさ
諦めない、俺はやる!って
逆境にも負けないで突き進むんだろうけどさ

現実ってそんなじゃなくって
戻れるわけなんかないのに、

あの時、あの頃、あの日って

昔の失敗ばっかり振り返って
そんな暇あるなら働けって
分かってんだけどさ

なんか上手くいかなくて

それでこーやってタバコふかしてお酒飲んで
あーあ、死んじまえって思うんだけどね
死ねないんだ
なんでかなぁ

あんたはさ、頑張ってよ

私、結構声には自信あってね
いい声でしょ?

いい声で言ってあげる
頑張れって、ね?

頑張れ

頑張れ、頑張れ、頑張れ、頑張れ、

…… 私たぶんさ、頑張ったんだ
いや、周りから見たら
ダメダメだって分かるんだけど
でも、頑張ったんだ

ラーメン、食べたいなぁ
伸び伸びで不味いんだけど
けどさ、またお婆ちゃんと
お母さんとお父さんと家族でさ

戻れるわけないのに
匂いとか味とか覚えてるんだよね
情けないね……

ありゃ、つまみ無くなっちゃった
買ってくるからさ
適当にくつろいでて
いや、いいよ
ちょっと一人で歩きたい気分だから

小さな六畳半から飛び出して
安い鉄階段を下りて
そこで一生分泣いた気がした
カッコ悪くて、惨めで、
年々それはどんどん増していって

こんな世の中クソくれぇって思ったけど
違うんだ
ほんとにクソなのは私

昨日の私も、今日の私も、明日の私も嫌いだ
でも明後日の私は少し好きになれるかもしれない

まだ、頑張れる

女なんてヒール履いて化粧すれば強くなる
涙が出るうちは大丈夫
私は明後日の私を愛してやるんだ

【語り】ーー

小さな小さな六畳半、唸る換気扇、安い発泡酒、
じっとりと続く梅雨の合間、からりと晴れた夜
今日あなたが聞いたのは、嘘のようなホントの話
けれどホントのような嘘かもしれない

ジャンルで台本検索

  • カテゴリー

  • タグ

RELATED POST